×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なかなか自分にあうものが見つけられないこと。

なかなか自分にあうものが見つけられないこと。

女性なら化粧品には興味がある方が多いと思うのですが、
私は化粧品の中でもファンデーションとお粉にこだわりをもっています。
年齢ももうすぐアラフィフになるので、お化粧品できれいに見えるかそうでないかは非常に重要です。

 

基本的に毎日どこかへ出かけるので化粧は毎日しています。
ですので、その毎日を少しでもきれいに見られて過ごせるのかどうかというのは
本当にモチベーションにかかわります。

 

ファンデーションとお粉のこだわりですが、まずシミなどのトラブルが隠せるある程度のカバー力のあるものが絶対条件です。
この年になるとどんなにお手入れしていても若いころの日焼けのせいでのシミが生まれてきていてとてもノーメイクではいられません。

 

次に若々しくハリがあるように見せるため、艶があるファンデーション、お粉でないとなりません。
粉っぽいとそれだけで5歳は老けてしまいます。
シワっぽくも見えてしまい大損です。

 

 

今はファンデーションはこれかなぁというものがあるのですが、
お粉についてはなかなかこれだ!という決め手になるものが見つからず
ずっとさがしています。

 

コンパクトになっているものでも、パウダーでも良いのですが、
艶があって乾燥しないものを求めているので暇をみつけては百貨店の
カウンターで自分に合うものを探しています。
早くこれだという一品に巡り会って落ち着きたいです。

なかなか自分にあうものが見つけられないこと。関連ページ

子供用の泡風呂の素
この程度です。
中国の就職活動の現状について
この程度です。