×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

洗顔は洗顔石鹸を使って、ニキビを予防しよう

洗顔は洗顔石鹸で!とのこと。

季節の変わり目ですね〜。
お肌も季節の変わり目には状態も変わってくるんですよね…。

 

私、何をしてもあまり改善が見られないんです。
化粧水などをたっぷりと使っても、浸み込まない様な感じです。
いわゆる、年齢肌というやつなのかなぁ?とここ最近思ってます。

 

先日、あるテレビ番組のコーナーで皮膚科の女医さんが出て、洗顔の大事さについてお話されていました。

 

結論から言うと洗顔石鹸を使って、丁寧に洗って汚れを落とす。
それがお肌にとって、基本中の基本でとても大事だそうです。

 

私が石鹸に対して持っているイメージとしては、体を洗うものと思っていましたね。
現在、顔を洗う時は石鹸以外にいくつかありますね。
ちなみに私は、チューブ入りの一般的な洗顔料を使用中です。

 

しかし、洗顔石鹸が効果を充分に発揮するには、正しく手順を守ることが前提になります。

 

まず洗顔石鹸を泡立てネットを使って、泡をたくさん作ります。
その泡を手の平にとり、決してゴシゴシこすらず、泡で転がすようにするんだそうです。
最後に、小鼻のまわりと髪の生え際を意識して洗って、
またこすらず流すと終了です。

 

泡だけで洗うということでしょうか?
洗顔石鹸使って、上の手順でやってみたらお肌の調子も変わるのかなあ〜??
テレビで見た女医さんが、かなり自信満々に語っておられたので見入ってしまいました。

 

洗顔石鹸は、ニキビが多い女性にも大切だったりします。肌をゴシゴシと洗うと、肌を傷つけるおそれがあるので、泡で洗えるような洗顔石鹸に変えることが大切です。白ニキビで抑えられるならまだしも、赤ニキビになると危険です。

 

【参考】
白ニキビ治し方
ビタミンC誘導体化粧水